勇人です。

 

今日は、Googleアドセンスに関しての稼ぎ方に関して
少し解説します。

今回、鈴木大地の打ち出したアラジンは、瞬発型の手法です。

既に、数千規模で利益が出ている人も居ますし、それ以上の報告も
少しずつありますが、いずれにしてもトレンドというものは、瞬発型です。

 

実は、今は出していませんが、僕のアドセンス攻略マニュアルという
情報商材があるのですが、そちらを元に解説します。

 

アドセンス報酬の金額について

 

この情報業界で、どれだけ知る人が居るかは
不明ですがアドセンスには、報酬体系があります。

つまり、人によりクリック単価が大きく変わるのです。

 

Googleも商売ですから、質の高いサイトの所有者には、
報酬をたくさん払う。

質の低い人には、それなりの報酬を払うという事で、
違反行為をするものには、報酬を払わないという、まさに
当たり前のような動きをしているのです。

 

アドセンス報酬の基準について。

これが、何かと言うと、サイトのコンテンツクオリティです。

 

アドセンスの仕組みを考えると分かりますが、広告主からお金を貰い
効果の高い広告サービスを打ち出しているのですから、
その広告が適当なサイトで表示されてクリックされれば どうですか?

 

意識のないユーザーのクリック

意識のあるユーザーのクリック

 

さて、どちらが高いでしょうか?

鈴木大地のアラジンは、意識のないユーザーのクリックによるもの
ですので、単価的には、安いかもしれませんが、そのぶんをアクセスで
補おうという考えです。

 

トレンド系のものは、全てそうです。

 

意味のないクリックは広告主にもマイナスです。

だからこそ広告主を守る為にもGoogleは、質の低い所と質の高い所で
単価優遇を行っているのです。

 

よく、ユーチューブでも単価が安いとか
アドセンスでも単価が低いとか、
そういった声を頂くのですが、コンテンツレベルを考えると
質の低いものは安い。
質の高いものは、高いという基準に沿うものなのです。

 

サイトもユーチューブも 今は同じです。

 

再生回数10%などは、あくまでも通常から高品質の人のアカウントで
キーワードだけ意識しているような動画やサイトで薄いコンテンツのものは
アドセンスから見ると、下の下だという事です。

 

ユーザーのクリックする心理状況

 

さて、一番 見込みのあるクリックとは、どういうものだと思いますか?

広告主が喜ぶ クリックされる属性とは、どういうものだと思いますか?

 

実は、ここが最もアドセンスで稼ぐ為に 重要なポイントとなる部分なのです。

 

トレンド系を実践していると、
「意味わからねえし」と思われるかもしれませんが
だから単価が低いのです。

 

トップYouTuberのような単価を 初心者が貰える事が無いという事です。

アドセンス単価は、5倍、10倍は余裕で変わります。

 

尚、単価の安い高いは、サイト単位ではなく、
アカウント全体に及びます。

 

これは覚えておいて欲しいところです。

 

安価なアドセンスでアクセスとクリック数のみで稼ぐ戦略も有りですが、
やっぱり高単価で少ないアクセスでも収入に繋がるものの方が、断然に良い事は、言うまでもありません。

そう考えると、コンテンツのクオリティは、できる限り良い方が良いのです。

 

また、アクセス層も いい加減な人達よりも意識のある人だけの方が好ましいという事に
繋がってくるわけです。

 

ちゃんと正しい知識を持てば、アクセス層を絞り混んでいく事が可能です。

 

 

それでは、また続きは、次回にでも…。

 

勇人でした。