勇人です(^^ゝ

僕のアフィリエイト大百科では、主に特化型ブログの作り方から
トレンドアフィリエイトについても書いているわけですが、
「記事を書くポイント」についてお話します。

 

尚、トレンドアフィリエイトというのは、主にトレンドネタで
記事を書く事になるのですが、芸能やニュース系になると
商品属性を絞る事が困難ですので主には、クリック課金系の
アドセンス広告などが主体となってきます。

 

うまくやれば、1記事でも数千、数万単位の爆発的アクセスを得られるジャンルです。

 

そんなトレンド系の記事の書くポイントについて少し書いてみます。

 

トレンドアフィリエイトのタイトルについて

image115

まず一番大事なポイントは、ブログ記事タイトルです。

これは、SNS誘導でも検索エンジン誘導でも、外部被リンク誘導でも
一番大事なポイントで、検索結果、SNSのメッセージなどでも
「リンク先に何があるのか」をユーザーが判断する部分になるのです。

 

基本、何かのニュースを書く場合には、
「既にその出来事を知ってる人」が対象になります。

 

何故なら、関連キーワード検索してくるという事は、
その出来事を見てるから知っているという事です。

 

ここで何をフォーカスすれば良いかがタイトルの書き方になるのですが
そのニュースや出来事、あるいは商品でも 何かのネタを見て、
そのネタに興味がある人がどういう人かを意識して記事を書くという事です。

 

最近では 「報道」があると その人物のFBなどのSNSを探す人が
多いので、キーワード+@ というのも そうですね。

 

細かいキーワードに関しては、これを参考に
「見た人が気になる事をフォーカスしてコンテンツを作る」が
大事です。

 

ニュース記事と感想では、意味が無い。

 

そこでもう一つ言うと、ニュース記事を見て、
数行感想を書いたようなブログも見るのですが、そんな事を
書いても誰も見たいと思いません。

そんな記事を書く事でアクセスが来てもサイト評価が
落ちるだけです。

 

まず記事を書く為に大事なポイントは、
書き手のイメージ。
そして どのような視点で書いてくのか。

この辺が大事なポイントです。

 

確かにライティングというものは、それほど重要とは言えませんが
無いよりは、ある方が良い事は、言うまでも有りません。

面白い情報があってもそれを伝えるのは、文章です。

 

同じ文章でもどこかで共感、感動や
喜びなど感情を刺激するものがある方が良いです。

 

そこで大事なポイントを少し書いていきたいと思います。

 

 

一体誰がブログやサイトを書いているのか?

 

トレンドアフィリエイトの場合は、何を書くかよりも
どのように映し出して、それをどのように伝えるかがポイントです。

 

例えば、ニュースキャスターの ノリで
ニュースを掘り下げるという事も一つです。

 

そしてその流れの中で、Twitterの反応をまとめて
コンテンツを補強して自分の感想や意見を入り交えるのも
一つです。

 

あるいは管理人の人物像を特徴付けるのも一つの方法です。

 

具体的には、適当にyahooのニュース記事などで
簡単にキーワード検索して見ていくと、実際のトレンドブログが
表示されるので、見ていけば 右のサイドバーや左のサイドバーに
「管理人プロフィール」などのリンクが貼り付けてあるものなどを
参考に見れば分かると思います。

 

いずれにしても、サイトの趣旨は、明確化した方が良いでしょう。

 

出来事やネタを どういう視点で見ていくのか?

ここを特徴付けるとパワーサイトができあがります。

以前に僕の知人で かなりのアクセス数を集めていた人が
居たのですが、その方の特徴は、「過激さ」です。

 

いわゆるニュースや出来事に対して、「毒舌」が特徴。

 

こういったものも、「出来事(ネタ)をどう映し出すのか?」
ポイントとなってくるのです。

 

ただ、ニュースのリライトだけ とか そういった話なら
確実に辞めた方が良いです。

 

そういった記事を無理に書いてアクセスが仮に集まっても
集まれば集まるだけ読まれない率が高まりますから、
最終的には、サイトの評価を落としてしまう事に繋がるのです。

 

常に狙うトレンドキーワードから
ユーザーがどういう事を知りたいのか?

 

そしてこれらの問題について、どのような視点で伝えるか。

 

トレンドジャンルで記事を書くなら、これだけ抑えておくと良いでしょう。

 

 

それでは、勇人でした(^^ゝ