勇人です。

本日はアドセンスの審査について少し補足させて下さい。

 

Googleアドセンスの審査基準

アドセンス審査

僕のアフィリエイト大百科では、Googleアドセンスの審査アドバイスも
対応しています。

もちろん、Googleじゃないから100%は保証できないけど
できる限り厳しい目線で対応していますので
僕がダメという状態で審査に通る確率は極めて少ないと言えるでしょう。

 

まあ、そんな惚気話は、どうでも良いのですが、
以前にも触れましたがアドセンスにはNGジャンルが存在します。

 

アドセンスで利用しては、いけないキーワードについて

 

つまり少しでも上記のキーワードが含まれてもおかしくない
ジャンルのサイトは審査として出さない事です。

 

一度審査に出して、落ちた場合、Googleは、何が悪いか
教えてくれません。

 

殆どが 「NGの場合の定型文」で、仮に僅かの事でも
同じく「NGの場合の定型文」です。

 

ここで多くの人は、困惑するのです。

一歩間違えると、深い迷宮入りするのです。

 

Googleアドセンスの審査が迷宮入りする理由

 

分からない場所が分からないから 時間もかかり
色々と妄想レベルで何が悪いとか悪くないとかになり
余計にマイナスになるのです。

 

ここでの注意点は、あれこれ色々とな事を書くサイトは、
余計に何が悪いとか悪くないが見えにくくなるので、
NGキーワードを含む恐れのあるジャンルは、避ける方が良いという事です。

 

ある意味、ここで伝えているようなジャンル

アドセンスで審査が通り易いサイトジャンルを公開します。

既にアフィリエイト大百科

 

こちらを手にされている人の場合には、
メールでも配信したと思いますが、NGワード、あるいは、NGワードに近いものが出てこないジャンルを
あえて狙う事が大事です。

 

Googleアドセンスの審査通過後に関しては、
あまりうるさくないようなものでも最初の審査だけは、
非常に厳しい事が多く、全て機械的に確認しているみたいですので
できる限り 無難なジャンルで申請する事をお薦めします。

 

それでは、勇人でした(^^ゝ