勇人です(^^ゝ

いつも購読有り難うございます。

 

いつも言う事ですが、全てのものには、歴史があります。

僕らが日常で使うような車でもそうですが1つずつ歴史があるのです。

 

そこで今日は、ロールスロイスについて少し触れてみます。

 

ロールスロイスの歴史

 

まず ロールスロイスの名前は創業者2名の名前の綴りです。

上の画像の人物が チャールズ・スチュアート・ロールズ

下が フレデリック・ヘンリー・ロイス

なぜロールズロイスではなくロールスロイスなのかは分かりませんが、この2名の関係は、ロイスが資金提供者でロールスは、資金提供者を探していたようです。

最初に作成したものが、以下の10HPというモデルです。

エンジンは、水冷直列2気筒で1810ccだったようです。

他にも3気筒の15HP 4気筒、6気筒の29HP そしてV8(名前のように8気筒)

当時は、ガソリンエンジンの音や振動を嫌う人が多く電気自動車に固執していたのを見て、ロールス・ロイスの販売部門が電気自動車並みに静粛で室内が広い自動車の設計を要求したそうです。

その後に出てきたものがシルバーゴースト

八日巻の時計よりも静粛であると言われるほど、静粛な走りを実現したそうです。

このモデルがロールスロイスを世界レベルで有名したと言われています。

そして続いては、今でも最高のクラスでもある、ファントムです。

 

その後 ベントレーの買収などもしたものの、1971年には、破綻し国営になり、1998年にVWに買収された後、およそ5年でBMWにて製造、販売が行われるようになり今に至ります。

そしてベントレーは、VWが製造、販売するようになったのです。

いずれもご存知かと思いますが その後のロールスロイスはBMWと共通の部分があります。

BMWになってからのモデルは、例えば バックする時の音やナビなど BMWを乗っていた経験がある人なら「これ一緒だよね?」という部分がありました。

もちろん 車の体質としては、BMWとは、全く違う事は、言うまでもありません。

 

またロールスロイスには、幽霊に因んだ名前が多く、最近でもレイス、ゴースト、ファントムなども まさにそれです。

 

これらを見ても分かるようにロールスロイスの拘りは、静かさと豪華さは、徹底していた事が窺えますしBMW傘下になっても受け継がれています。

結局こういった積み重ねが 多くのファンを惹き付けていると言っても良いでしょう。

 

車もネットビジネスも、拘りが価値に変貌する

 

ここで僕がロールスロイスの話をしたかと言うと、自動車を作る側も勿論、ビジネスですから、価値を感じて貰わない限り、強気の価格では、買う人も出てきません。

今では車なんて買おうと思えば100万円あれば 十分に購入できますが ロールスロイスの価格は、3000万円を超えるものばかりです。

3000万以上のお金を払ってまで買う人が普通に居るのです。

それだけの価値があり車作りの信念を受け継いできたからこそです。

 

そして僕らのネットビジネスでも同様の事が言えて、例えばアフィリエイトでもそうですが、何か拘るものが大きければ大きいほど収益性も高くなるものです。

中身もなく周りに振り回されて 何も芯が無いような方法では、例外なく売れないものです。

ただ、しっかりと趣旨、目的が明確で芯のあるサイトは、自然と支持されるようになり、アクセスや収益も増えていくのです。

 

ロールスロイスの場合も ここまで読めば「何を一番拘ってきたか」が分かるでしょう。

 

ここまで高額な車になると 誰でも買える金額では、ありませんが 「そういった人達だけを対象にして魅力をうまく伝え続けてきた」と思いますね(^^;

 

これからネットビジネスを取り組む人もサイトやブログを構築する場合も、「ただ稼ぎたい!」だけではなく、しっかりと自分の中で拘りを持つようにしましょう。

 

儲けたいから…という理由だけで、サイトやブログコンテンツを作ろう!という甘い考えでは、なかなか稼ぐ事は、難しいという事です。

 

僕自身もアフィリエイトもともかく自分の商品には、それなりの拘りを持っています。

 

ちょうど先日案内したものもそうだし、僕の講座全般的に意識している事は、モチベーションを保ちつつ、より早い結果を出して頂く事こそが、大事だと考えています。

モチベーションが保てなくなると何をやっても続きません。

例えば、うまくいかない時に、他にうまくいかない人を見つけては、「自分は悪くない」と納得できる事を探してしまいたくなるものです。

高額案件などでは、よくありますが、「あー自分が悪いのではなく商品が悪いんだ」と否定的な意見ばかりを見て胸を撫で下ろす人も居るのですが 僕はそういう事が嫌いです。

なぜならこの時点でも負けだからです。

 

ただ一つの理由として、売る側のコンテンツにも問題がある事は、拒めませんが ここで僕が考えた答えは、取り組み方を少し変えるだけでも結果が変わるという事なのです。

例えば、同じようなアフィリエイトであるにも関わらず、なぜ多くの人がそうなるか?という問題を突き詰めて考えて講座内容を考えているのです。

一番大事な事は、イメージ。

アフィリエイトというものは、全体像のイメージが 掴み難いものです。

例えば、現実世界の会社の仕事などの場合は、仕事イメージが植え付けられ、始まりから終わりまでのイメージが完成しているからこそ熟せますが、ネットビジネスの場合は、常に作者目線での説明なので、ノウハウや手順を読んでもイメージし難い状態からスタートする。

これが 僕は、ガンなんだと考え続けてきました。

だからこそより早く 真似て作りながら吸収していくという形をとって頂くようにしたのです。

その結果、多くの人が初報酬を獲得し、そこからはコツと感覚を各自が掴んで途中からは自分の頭で考えて収益を出していける人が増加したのです。

 

このネットビジネス業界では、常に売る側も、自分達が儲ける事を中心に考えているだけなので、コンテンツも「ここまで説明していれば十分だ」という、量的な部分を重視していますから どうしても伝わり難い部分が多く出てくるのです。

その結果、そういったものでも伸びる人も居ますが 伸びない人も居るという事が現実なのです。

僕は、とにかく1人でも多くの人に結果を出して貰う為には、ノウハウだけでなく、「どのように進める事が最善なのか」を追求してコンサルを続けてきました。

ノウハウも大切ですが、この辺りを意識する事で伸びる人が増えてきたと思います(^^ゝ

 

この辺は、車の話では ありませんが本当に重要なポイントだとつくづく感じます。

是非参考にして下さい。

では勇人でした(^^ゝ

 

資産構築するアフィリエイト戦術

http://coruna.biz/sta

生き物のように自動で動きつつ長期的な利益を狙う自動サイト構築手法

http://coruna.biz/page6/20170720151357.html