【期間限定!無料公開中】

こんにちは。勇人です^^

今回の記事では、

「未経験からWEBライターを始める方法」について記事をまとめていきます。

あわせて読みたい!

この記事を執筆した人
userimg
鈴木勇人
インターネット関連の資格を持つWebエンジニア

Webデザイン技能士 3級や、基本情報技術者試験 合格、LPIC-1(Linux Professional Institute Certification Level 1) 取得、Google Analytics Individual Qualification 合格、Google Ads Search Certification 合格、HTML5&CSS3マークアップ技術認定試験 合格。

インターネット関連の資格を取得しているWebエンジニアです。Webデザイン技能士をはじめ、基本情報技術者試験、LPIC-1、Google Analytics Individual Qualification、Google Ads Search Certification、HTML5&CSS3マークアップ技術認定試験など様々な資格を持っています。信憑性を出すために、Web制作において必要な知識やスキルを身につけたことを証明するため、プロフィールに資格の取得状況を記載しました。将来的にも、新しい資格を取得してスキルアップに励んでいきます^^

WEBライターになるためには 概要

Webライターとは、ウェブ上で記事を書く仕事です。

この仕事には、専門的なスキルや資格は必要ありません。

 

パソコンが使え、そして文章を上手に書くことができる人であれば、誰でもWebライターとして活躍することができます。

WEBライターについての詳しい記事はこちらを読んで下さいね^^

 

Webライターになるためには、

文章を書くことに興味を持ち、

好奇心を持つことが必要です。

 

そもそも文章が嫌い…嫌だ…という状態で、

WEBライターになるのは無理ゲーですよ(笑)

 

また、文章表現のスキルや専門的な知識も求められますが、

最も重要なのは実際に書いてみることです。

 

まずは、自分が得意なテーマや興味を持っていることについて書く練習を始めてみましょう。

 

ブログやSNSなどで自分の記事を公開することで、

徐々に自信がつきスキルアップしていくことが可能です。

Webライターとしてのスキルを磨くためには

まず王道な方法としては、

Webライターとしてのスキルを磨くためには、

ライティングやWeb記事の書き方についての講座や

書籍を読み勉強する方法もありますが

他の人が書いた記事を読んで、表現方法や構成などを学んだり、

日々の情報収集も重要で、自分が書く記事に役立つ情報を集め、

補足していくことも必要です。

 

また、Webライターは美しい文章を書くことよりも、

読者への気配りとして簡潔なまとめとなる情報を提供することが求められたり、

記事のタイトルや見出しにも工夫が必要であり、

読者の関心を引くようなものを作ることが重要だったりします^^

 

中身も分かりやすく、記事全体が読みやすく、

意図した情報をきちんと届けられるように意識しましょう。

 

鈴木
鈴木
当たり前ですが最初からうまくいく事はありません…。
だからこそ行動の連続が大事です。

Webライターに必要な事【これは押さえておこう】

Webライターに必要なのは、他のビジネス同様に、

日々の情報収集と勉強、そして意欲的な挑戦です。

 

自己表現能力を向上させ、

読者に向けた提案やアピールができるようになると、

クライアントからも評価され、仕事の幅も広がります^^

 

また、フリーランスとしての仕事を考える場合は、

クライアントとのコミュニケーションや納品までの

流れについても学んでおきましょう。

 

もちろん納品までのやり方などは、

個々の自由ですが僕の場合は、

常に一旦他人のサービスを申込をしてみて、

みんながどのようにやっているか?を見るようにしています。

 

検索してブログを読んで得られる事もありますが、

実態を見ないと意味がありません。

 

分かりやすいのは受け身になって、

自分が受注してみる事です。

 

文章が書けない!そんな時はここを読んで!

 

 

Webライターの具体的な始め方

Webライターの始め方は簡単です。

ざっくりとした流れは、

まず、求人サイトやクラウドソーシングサイトに登録し、

自己紹介や得意分野などを記載し登録します。

 

国内で言えば、

  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • ココナラ

 

このようなサイトに登録をして受注があれば、

期日までに納品することで、評価が上がり、次の仕事の依頼が来ることになります。

 

初めのうちは報酬が少ないかもしれませんが、

地道に作業していくことで、評価が上がり報酬にも反映されるようになってきます。

 

 

SOHOサイトを利用する際の注意点

ココナラもそうだし、クラウドワークスなどでも言える事ですが、

取引の際には注意点もあります。

 

1. クライアントの評判を確認する
クライアントの過去の仕事の評判を確認し、信頼できるクライアントかどうかを十分に検討することが重要です。

2. 依頼された仕事の内容を理解する
依頼された仕事の内容について十分に理解し、クライアントとのやり取りで不明な点や疑問点があれば確認しておきましょう。

※規約違反になるような業務内容もあるためしっかり確認を行いましょう。

3. 料金や納期の確認
依頼された仕事の料金や納期については、クライアントとしっかりと合意し、トラブルを防ぐためにも契約書の作成をおすすめします。

※クラウドソーシングサイト一般的な手数料は売り上げの20%程ですが、手数料が高い場合は注意が必要です。

4. 著作権やプライバシーに関するルールを守る
クラウドソーシングサイトを通じて依頼された仕事において、個人情報や著作権に関するルールに違反しないよう十分注意しておきましょう。

5.悪質クライアント・悪質案件に注意

稀に悪質クライアント・悪質案件があります。報酬が相場より大幅に低かったり、報酬を払ってくれないクライアントもあります。

 

この辺りは気を付けましょう^^

 

Webライターになるためのステップ【全体像 ロードマップ】

1. スキルの磨き方を学ぶ

Webライターには、正しい日本語の書き方や文章の組み立て方が求められるので、書籍やオンライン講座などで、基礎的なスキルを磨きましょう。

 

2. ポートフォリオを作成する

Webライターとしての仕事を得るには、実例が必要です。自分が書いた記事を集めたポートフォリオを作成し、仕事のアピール材料にしましょう。

ポートフォリオは自分でブログなどに記事を10記事か20記事程度挿入しておけば、制作実績として掲載できます。

 

3. 多角的な知識を身につける

Webライターは、テーマに関する知識が求められます。自分の得意分野以外にも、幅広い知識を持つことで、既存の情報から独自のアプローチができます。

 

4. 見出しやキャッチコピーの書き方を学ぶ

Webライティングにおいて、タイトルや見出し、キャッチコピーは非常に重要です。読者を引き込み、興味を持たせることができるよう、書き方を学びましょう。

 

5. 常に新しい情報を仕入れる

Webライターは、テーマに関する最新情報を常に仕入れることが求められます。SNSやニュースサイト、ブログなどで情報収集を行い、記事の質を高めましょう。

 

6. マーケティングの知識を身につける

自分が書いた記事が、読者に届くような効果的な情報発信方法を学びましょう。

 

WordPressを使える状態にする【これは必須】

WordPressとは、多くのビジネスや企業メディアで採用されているWebサイト構築プラットフォームであり、WordPressを使って記事を書けるというその知識は重要なアピールポイントとなります。

 

ちなみに僕のサイトもワードプレスです。

 

殆どのサイトが今は、ワードプレスを使われてると言われているぐらいメジャーです。

 

記事を受注した場合も おそらく外注側は、ワードプレスに投稿すると思います。

 

「毎回ワードプレスに投稿して欲しい」

という依頼を求める人も非常に多いです。

 

さすがにワードプレスを知りません…となると良い印象でもない為、

自分でサーバを借りてインストールして、最低限の機能ぐらいは、使えるようにしてください^^

 

 

個人で稼ぐ時代からAIで稼ぐ時代へ…

質問や相談はこちら

おすすめの記事